脱毛するときに、何故エステよりクリニックがいいのか

エステとクリニックを両方利用していない人は、エステとクリニックの違いをわからないと思います。
そこで、ここではサービスと環境的にどう違うか説明します。
エステとクリニックの違いが分かれば、あなたが利用するときに参考になります。あなたに合ったサービスを体験することで効果的に結果が得られるようになります。

疑問

エステサロンとクリニックの違い

エステティックサロンとは、脱毛や痩身を始めとした、全身の美容、すなわちエステを目的とした美容全般を考えたお店です。

疲れをとるためのリラクゼーションを兼ねていることが多いです。

一方のクリニックは意味としては、診療所や個人病院や各専門分野の公的な病院全般を表します。
つまり、エステティックサロンとクリニックの違いは公的であるかどうかです。

エステティックサロンは非医療機関です。しかし、クリニックは医療機関です。

クリニックとサロンの特徴

クリニックでの脱毛は医療行為となります。万が一ですが脱毛をしたときに、トラブルが発生したとしても対処ができます。

医療行為の薬を処方し治療をすることができます。
しかし、エステサロンは医療行為は認められないので、使う機器やピーリング剤などが違ってきます。

エステサロンでは医療行為が出来ないので、脱毛の問題が起きても対処することができません。

問題が起きたときに迅速に対応することができないことになります。万が一トラブルが起きたとしたらクリニックよりうまく対応ができないかもしれません。
クリニックにおいては医療行為で、本当に肌を治したい方はクリニックを選んだ方が良いでしょう。
では、エステサロンは選ばない方が良いのかというとそうではないです。エステの技術は日々進歩しています。

技術の高いエステティシャンも沢山いるので、リラクゼーションを目的とし、尚且つ美容を保ちたい方はエステサロンがいいでしょう。

美容を保ち続けたいのか、治療をしたいのかで選び方も変わってきます。

クリニックはエステより環境の面から見ても優れている

先ほどのクリニックとエステサロンの違いでも説明した通り、クリニックは医療行為です。エステサロンは医療行為が認められていません。
クリニックは法律的な脱毛をすることが認められています。平成13年11月8日医政医発第105号で厚生労働省の発表では、「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、

レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は医師法第17条に違反するとみなしています。
脱毛するときに毛乳頭、皮脂腺開口部等の破壊でレーザーを強力に照射することができて、脱毛を促すことができるので永久脱毛には適しています。

まとめ

クリニックは医療行為です。肌のトラブルに悩んでいる人は、クリニックに行って肌を治すことがいいです。

エステティックサロンは美容を保ち続けたり、追求する方にとっていいです。クリニックとサロンを使い分けて利用することがいいです。

多くの人は肌をよく見せたいと思うので、それならばクリニックを利用するべきです。肌のケアならクリニックです。

ケア以上に自分を綺麗に見せたい方はエステティックサロンを利用するのがいいです。
クリニックはサービスや環境面で整っているのでサロンよりもいいです。